連邦最高裁がテキサス州の訴えを退けた理由が情けなかった…

連邦最高裁がテキサス州の訴えを退けた話、高度な政治的判断ゆえだと思っていたのですが、どうやら違っていたらしい…

ただただ、責任逃れのためだったという。

テキサス州の訴えを退けた理由について、戒厳令を敷くための布石だとか、世論を盛り上げるためにわざと退けた等の噂が立っていて、私もそうだと、そうであってほしいと思っていたんだけど。これが本当なら、実際は一国の司法のトップが下したとは思えない理由でした。

スポンサードリンク

1人の人間として、重大な責任を逃れたい気持ちは分からなくはないけれど、そこいらの小心な人じゃないんだから…最高裁の存在意義とは…判決に責任とれない判事っている意味あるのかな。

今回のアメリカ大統領選、トランプ陣営は、「そこまでしなくてもいいんじゃないの?」って思うくらい法律を遵守した動きをしていたのに、裁判所がこれでは…何のための司法の場なのだろうと考えてしまいます。

憲法を遵守していても、その守り人である司法が日和っていたらどうしようもないね。

ものすごく好意的な見方をすれば、こういう醜い部分を見せることで、国民に戒厳令への理解を得ようとしているという考えもありますが…流石に司法の信頼を地に落としてまですることではないはず;

やはりこれは戒厳令きちゃいそうですね。
それっぽい動きもあるし。

【速報】ラトクリフ長官が大統領令に基づき「中国ハニトラ議員エリックスウォルウェル」に関するレポートを提出した|時事のニュースと話題

提出が遅れるという話が出ていた報告書も期限内に出てきましたね。
これの内容次第だそうですが、関係者の発言を見るかぎりだと可能性は高そう。

日本への影響はどれくらいなんだろうか…念のため備蓄見直そうと思います。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。